はれま

日記です

東京マグニチュード8.0

東京マグニチュード8.0を見た。だいぶ前に。 下書きにしてた奴に加筆して投稿します。

放送当時に1話か2話で切ったんですけど、見返した。 ちなみに、切った理由は展開が悲劇的でつらかったから。

中学女子の成長物語としては見せてくれる作品だったと思います。 この歳って、まだ大人に甘えたい歳なのに、周りの大人の弱さも見え透いてくる年齢なんすよね。 人間の弱さをまだ受け入れられなくて、心を閉ざしてしまう。 このアニメは、そんな主人公が社会に適合していく物語になってます。

弱さとか、そういう人間らしさが露呈する場面として大震災が描かれています。 ただ、弱さだけでなく、強さや優しさもあります。 家族を後回しにして赤の他人を救おうとする優しさだったり、 家族を亡くして悲しくても誰かに尽くす強さだったり。

ただ、このアニメを平たく見ると、ダメなところばかり見えてくる……。 暗い、キツイ、楽しくない。主人公に感情移入できない。 なぜなら行動が非現実的。起こることが大げさすぎ。

一番気になったのは、弟のキャラが薄いこと。 キーパーソンなのに、どこか舞台装置のような都合の良い人間になってませんか。 主人公の心境変化をありありと描く熱量は感じた一方、そのきっかけでもあり、目的でもある弟がそれでいいのか。 お前、菩薩かよ。 その点にちょっと辟易としてしまったかなあ。

まあ、大号泣したんですけどネ。

これも含め、ノイタミナオリジナルは、物語の切り口は魅力的なのに、惜しいアニメが多いと思う。まあ、ノイタミナに限らずなんですが。ノイタミナは特にそう思う。壮大なテーマを扱っていることが多いからなのかな。